アプリ大好き

私の大好きなアプリの紹介と、毎日のこと。

スペシャルドラマ「ママが生きた証」

先日、スペシャルドラマ「ママが生きた証」を見ました。

妊娠中に乳がん(末期)が発覚して、命をかけて子供を産んだ女性をモデルに作られたフィクション作品です。

医者には間接的に「子供は諦めて治療に専念」を薦められるも、子供を諦めきれなくて産むことを決意して。医者も彼女の意思を尊重して治療しつつ子供を無事産める治療法を模索して。
凄く凄く胸に響くドラマでした。

実際自分に子供がいるからなんでしょうね、こういうドラマ本当に弱いです。
「もし自分だったら?」って自分に置き換えて考えてしまう。

もし私だったら、自分が癌でお腹には大切な命が宿っていて。
医者に堕胎を薦められたら?

自分の命を削って、子供を産む決意をするだろうか?って考えてしまうんですよね。

こういう問題には何が正解かなんていう答えはないと思うんです。
でも。

仮定の話でも、私も中絶は考えれないなぁ…って思いました。
周りは「まだ産まれていない命」って言うかもしれないけど、自分の中に確かに宿っている命なんですよね。
愛しい人との子供。
その子供を自分の手で…でなんて、考えられないんですよね。どうしても。

彼女のように強く自分の意思を通せるか?といわれると、それは自信ないけども。
でもやっぱり、「産みたい」とは言うと思うんですよね。

女性は子供を宿した瞬間から母親になるって言いますからね。
「守ろう」っていう気持ちが自然と沸いてくるんでしょうね。

こういうドラマは本当自分の人生と、目の前の命の大切さ・愛しさを教えてくれるから私は大好きです。

Comments
Simplue WordPress theme, Copyright © 2013 DicasLivres.org Simplue WordPress theme is licensed under the GPL.