アプリ大好き

私の大好きなアプリの紹介と、毎日のこと。

おじいちゃんとおばあちゃんとわたし。

わたしのおじいちゃん。
わたしはおじいちゃんが51歳のときにこの世に生まれてきて、86歳まで一緒にいました。
おじいちゃんは、心優しい力持ちです。
おじいちゃんは戦争体験者で、中国と現在のパプアニューギニア島に派兵された経験を持ちます。
おじいちゃんは旧運輸省に勤めていて、勤続33年で表彰状をもらいました。
おじいちゃんは現役時代、運輸省で海ほたるの建設工事に携わりました。
おじいちゃんは、わたしの理想の男性像であり、理想の父親像なのです。

わたしのおばあちゃん。
わたしはおばあちゃんが55歳のときにこの世に生まれてきて、84歳まで一緒にいました。
おばあちゃんは、温かくて慈悲深い人です。
おばあちゃんは戦争体験者で、当時は実家で一生懸命に農業に勤しんでいました。
おばあちゃんは長男の嫁として、家をしっかり守り、夫を支えてずっと働き詰めてきました。
おばあちゃんは、定年退職までお仕事を頑張りました。
おばあちゃんは、わたしの理想の女性像であり、理想の母親像なのです。

2007年におじいちゃんと、2009年におばあちゃんと、わたしたち家族はお別れしました。
2人共、おしどり夫婦らしく、同じ大病を患って旅立って行きました。
……胃がんでした……。
とても、とても、とても、とても、悲しかったのです。
とても、とても、とても、とても、寂しいのです。
もう二度と、あの心やさしい温かい2人には……逢えないのです。

おじいちゃんとおばあちゃんが旅立って行った家の中は、閑散としています。
あの2人が、いつも中心だったから……。

孫のわたしは、本当に溺愛されました。
いや、今でも天国から溺愛してくれているに違いないのです。

でも……面と向かって愛情をもらえないから……切ないです。
もう愛されていないのかな!?とさえ、不安に思うときもあるのです。

想いがこみ上げてきても、直接的に受け取ってはもらえないのです。
悲しいとき、寂しいとき、ツライとき、話しを聴いてはもらえないのです。
うれしいとき、楽しいとき、共に分かち合えないのです。

おじいちゃんとおばあちゃんがこの世にいた頃、当たり前だったことが今は当たり前ではなくなりました。
ここに当たり前にいたこと、話しを聴いてくれたこと、共感してくれたこと。
やさしく包み込んでくれたこと、いつも愛情をくれたこと。
今は、こんな日々が懐かしくてたまらないのです。

おじいちゃんとおばあちゃんが今は天国で、相変わらず仲睦まじく暮らしていて、この世にいた頃よりもずっとずっと幸せでありますように!!!!
天国は、この世よりも、ずっと住み心地が良くて、最高の場所であることを願っています。

わたしも……そろそろ、本気で、幸せにならなくっちゃ……と想う今日この頃です。

Comments
Simplue WordPress theme, Copyright © 2013 DicasLivres.org Simplue WordPress theme is licensed under the GPL.